「社会&芸能・つれづれ愚差」第581回(通算693回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




 浅利慶太さん/鈴木智さん

心からご冥福をお祈りします。




●劇団四季の草創期(1953年劇団結成)から浅利氏の近くにいた。


NONALNUM-3538312D3639332DBFB7CAB931

(朝日新聞 2018年7月19日 朝刊より)


NONALNUM-3538312D3639332DBFB7CAB932

(東京新聞 2018年7月19日 朝刊より)


 劇団四季が隆盛をほこる時代になってからの記述はいろいろあるが――。


NONALNUM-3538312D3639332DBBCDB5A83031


NONALNUM-3538312D3639332DBBCDB5A83033


NONALNUM-3538312D3639332DBBCDB5A83032

「エクウス」は、日下武史と市村正親の舞台だった。市村正親は「少年アラン」だった。




●たとえば「第8回公演」のパンフレット(というよりチラシ)のコピーがある。
 ジャン・アヌイ作「せむしの聖女」。
 入場料200円である。
 当時の四季は、東京駅八重洲口にあった国鉄労働会館や神田一ツ橋講堂を使用していた。

NONALNUM-3538312D3639332DBBCDB5A8A5C1A5E9A5B73031


NONALNUM-3538312D3639332DBBCDB5A8A5C1A5E9A5B73032



●「せむしの聖女」の出演メンバーは、日下武史、水島弘、田中明夫、高橋昌也、藤野節子、杉山紀子、緑川薫、安田千永子……この人たち全員と親しく会話している。

●というのも、小生のイトコになる女優水沢有美が、当時たしか6歳で浅利慶太氏に請われて「せむしの聖女」に出演し、その付き添いをしたからである。

●小生の叔父で師匠の劇作家小沢不二夫(1912〜1966年)が、当時、民間放送のラジオドラマを大量に書いていたので、彼らは「生活費稼ぎ」に小沢家によく顔を見せていた。
 しかも、水島弘氏の実家は西武線上石神井(畳屋さん)で、小沢家(武蔵関)の近くで――。

●小生は水沢有美に付き添って稽古場通いをして、皆さんと親しくした。田中明夫氏は叔父小沢に「アキちゃん」とか「アキ坊」とよばれていた。

●浅利さんの「せりふ術」に対する指導は厳しく……でも、結果的にはあまり「巧み」とはいえなかったなあ。

●武田泰淳の「ひかりごけ」という芝居も観たが、浅利氏の「理想」とはほど遠い「生硬」さがあった。

●かく申すぼくはその後、日下武史氏に請うてラジオ番組の語り手として出演してもらい、親しくおつきあいしたけど――。

●同時代を生きた浅利氏とは、結局は「近くて遠い間柄」だった。


***


●劇団民芸の俳優鈴木智氏。
 なんといっても「民芸そっくり」が好きだった。


NONALNUM-3538312D3639332D73757A756B69BBE1

(東京新聞 2018年7月19日 朝刊より)



 小生の師の叔父小沢不二夫は、『炎の人/ゴッホ小伝』を書いた三好十郎氏と親しく、そのツテもあって三好十郎主宰の戯曲座で学んだ。
 そして、三好十郎氏の書斎でのお手伝いもした。
 鈴木智氏は、その三好十郎作「斬られの仙太」の真壁の仙太郎役を演じたいた。
 小生にとっては「炎の人」も「斬られの仙太」も忘れることのできない「道標」である。


NONALNUM-3538312D3639332DBBB0B9A5BBE1CBDC3034

NONALNUM-3538312D3639332DBBB0B9A5BBE1CBDC3033

NONALNUM-3538312D3639332DBBB0B9A5BBE1CBDC3031

NONALNUM-3538312D3639332DBBB0B9A5BBE1CBDC3032




●現在――演劇は、あいかわらず「試練の道」を強いられているようだ。
 書きたいことはいろいろあるが――。
 鈴木智さんのご冥福をお祈りいたします。






***





NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


電子書籍/余美太伊堂文庫 Link (制作:株式会社オーウィン)
Amazon、楽天Kobo電子書籍ストア等にて発売中。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 03:53 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第580回(通算692回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




俳優加藤剛さんのご冥福を祈ります。


NONALNUM-3538302D363932C5ECB5FEBFB7CAB9

(東京新聞 2018年7月9日 夕刊より)




NONALNUM-3538302D363932C4ABC6FCBFB7CAB9

(朝日新聞 2018年7月9日 夕刊より)





●そういえば――
 いわゆる新劇系劇団といえば「民芸」「文学座」「俳優座」が3大劇団といわれてきたが、加藤剛さんは「俳優座養成所」の出身。



NONALNUM-3538302D363932A4DBA4F3

(『役者烈々/俳優座養成所の奇跡』 著 佐藤貫百合人 1995年 三一書房刊より)


●そういえば――
 各劇団には、それぞれに養成所があるあが、俳優座養成所出身の俳優は、舞台での活躍は当然として、映画やその後の民放のテレビ・ラジオなどでも大活躍でした。

●そういえば――
「養成所」(と略す)開設は昭和25(1950)年。
 第16期(昭和42/1967年)で、桐朋学園に引き継がれて、しめくくられた。

●そういえば――
 出身者は、小沢昭一をはじめ安井昌二、仲代達也、平幹二郎、そして加藤剛……とスター級の俳優がずらり。
 女優陣も、栗原小巻、渡辺美佐子、富士真奈美、吉田日出子、太地喜和子……と「へえ!」と口をついて出るが、やむなく省略。

●そういえば――
 ワタシは「もの書き業」のある期間、テレビCMにどっぷりつかり企画・コピー・プロデュースとムキになってやった。

 いや、その前に「放送作家」だったから各種番組で、基礎のしっかりしている劇団系の俳優たちに依存した。

●そういえば――
「民芸」の御大宇野重吉、大滝秀二、垂水悟郎……かとおもえば小沢昭一、穂積隆信、小山田宗徳……「語り」の表現が確かな人に依頼した。

●そういえば――
 テレビは某局の「試験電波」の試作ドラマからつき合っているが、「演劇の基本」を学んでいない「テレビタレント」は一切敬遠した。
 ここでは詳細をはぶくが「テレビ育ち」は総じて「底が浅い」。

●そういえば――
 加藤剛さんの「人となり」は各紙で紹介しているので省く。
「俳優」以前にやはり「その人そのもの」であり、そしてまた「俳優」としての「資質と魅力」がモノを言う――ということだ。
 近頃のテレビ全体の質的劣化は目に余るが――ネ。番組もドラマも、そしてCMも……目をそむけ耳をふさぐ。

●そういえば――
 TV視聴率の内実も大きく変化しているが、現在の視聴率に台頭するインターネット等の新勢力に砕かれるのでは――と、(口惜しいけど)そう思わざるを得ない昨今です。

●そういえば――
「紙の本」もずいぶん書きまとめたが、現在は「電子書籍」というフィールドで「月1冊」のペースで著作物を出しています!



***




●そういえば――
 テレビメディアの番組にしがみついている「タレント」で億ションを買ったとか「ハワイの別荘」をどうしたとか、あれこれ評判になっているヤカラがいる――。
 そういう「テレビ寄生人」とは異なるホンモノの「俳優」もいることを忘れたくないですネ。







Scenes of memories



江戸時代の小説を沢山書きました。
佃島も行きました――いい「風情」です。



580-692-1

580-692-2

580-692-3

580-692-4

580-692-5






***




NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


電子書籍/余美太伊堂文庫 Link (制作:株式会社オーウィン)
Amazon、楽天Kobo電子書籍ストア等にて発売中。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 12:32 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第579回(通算691回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




勝負ごと大好き人間


●そういえば――
 俗称「カジノ法案」――GOになったね。
 民主主義議会の多数決というのは、もう「勝手放題」だぜ。




NONALNUM-3537392D3639312DBFB7CAB93031

(東京新聞2016年12月13日朝刊より)




NONALNUM-3537392D3639312DBFB7CAB93032

(朝日新聞2018年5月23日朝刊より)




NONALNUM-3537392D3639312DBFB7CAB93033

(朝日新聞2017年9月30日朝刊より)




NONALNUM-3537392D363931BFB7CAB93034

(東京新聞2018年7月6日朝刊より)





●そういえば――
 手持ちの資料本では――かつての中国では、あのコギブリを勝負させるバクチが大流行だったとか。
 コオロギでのバクチもあった。アラブではサソリを、一方が死ぬのを待って勝ち負けをきめる――とか。
 もちろん、ニワトリ、犬、ヤギなど、キリがない。

●それにしても――
 いまごろになって、ギャンブルを合法化するなんて……そのアナクロニズムも凄い! それを支持する人間がいるのも……もの凄い国だ、ニッポンは!

●それにしても――
 誰も彼もギャンブルが好きだなあ!
 このボクはずっとマスコミ芸能業界にいたが(途中で小説家に転身したけど)あのギョーカイ、賭けゴルフ、同マージャン、同カード……などに参加しないと「ヘンジンだね」と言われた。

●それにしても――
 百円玉で、二人の場合は「表か裏か」で勝負する。数名だと「柄の異なった者が総取り」となる。決着の付かない場合のカネはプールして次に勝った者がもらう――けっこう高額になるんだ、これが。

●それにしても――
 あの「大王製紙 のおじさん」ではないが、カネのあるヤツは(刑務所――実刑で)いいが、カネのない奴は悲劇だぜ。
 安倍政府のペースで「トンマな人生」にならないようにネ。

●先人のことば――
「賭博は、貪欲の子どもであり、浪費の親である」
                 ――ジョージ・ワシントン(1732〜99年)

♪わかっちゃいるけどやめられない〜
        (「カワイソだなあ!」)





***




NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


電子書籍/余美太伊堂文庫 Link (制作:株式会社オーウィン)のご案内。
新刊 続々発売。

Amazon、楽天Kobo電子書籍ストア等にて発売中。



NONALNUM-C5ECB5FEA4EDA4DEA4F3A4C1A4C3B6E7

Link




NONALNUM-C0D6A4A4C9F7BCD6C9BDBBE6

Link




NONALNUM-C2E7B9BEB8CDC3BBCAD4BDB8

Link




NONALNUM-30312EA4ABA4F3A4D9A4F3A4CAA4E9A4CDA4A7

Link




NONALNUM-30322EB7EAA4B0A4E9

Link




NONALNUM-30332EBCD8B4E4

Link




NONALNUM-30342EBCF3A4AFA4AFA4EAA4CEC6BD

Link




NONALNUM-B2D6CCC2B5DCC9BDBBE6

Link

— posted by 本庄慧一郎 at 12:09 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第578回(通算690回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




アレもコレも「リコール」したい。

●そういえば――
 「新聞は一切読まない」などとうそぶくヘンな大臣がいる。
 かと思えば「公文書改ざん」問題で「明瞭なウソ」をヌケヌケと正当化するソーリ大臣も生きながらえている。

●そういえば――
 「リコール」という言葉がある。

1.国または地方自治体の公職者を国民または住民の意思によって罷免する制度。直接民主制の一。解職請求。「市長を――する」
2.自動車などで、製品に欠陥がある場合、生産者が公表して、製品を回収し無料で修理すること。
『広辞苑』より


●とにかく――
 リコールの対象が、自動車・電化製品からレトルト食品までやたら多い。しかし、政治の中枢にいる「欠陥人間」をとにかくリコールしたい。

●それにしても――
 巷には「亭主をリコールしたい!」とか、「カミさんをリコールしたい!」とか思いながら具体化できない者も多いようだ。

●それにしても――
 「責任」という意味も、当事者としての自覚ゼロの者もウヨウヨしている現在の政治・社会のフィールドは――異常だ。
 その「異常」にもノホホンとしている人間もまた……ああ(タメ息)。





NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓


ボクんちのぜいたくの道
野草ものび放題です





578-690-1

578-690-3

578-690-2

578-690-5

578-690-4




***




NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


電子書籍/余美太伊堂文庫 Link (制作:株式会社オーウィン)のご案内。
新刊 続々発売。

Amazon、楽天Kobo電子書籍ストア等にて発売中。



NONALNUM-C5ECB5FEA4EDA4DEA4F3A4C1A4C3B6E7

Link




NONALNUM-C0D6A4A4C9F7BCD6C9BDBBE6

Link




NONALNUM-C2E7B9BEB8CDC3BBCAD4BDB8

Link




NONALNUM-30312EA4ABA4F3A4D9A4F3A4CAA4E9A4CDA4A7

Link




NONALNUM-30322EB7EAA4B0A4E9

Link




NONALNUM-30332EBCD8B4E4

Link




NONALNUM-30342EBCF3A4AFA4AFA4EAA4CEC6BD

Link




NONALNUM-B2D6CCC2B5DCC9BDBBE6

Link

— posted by 本庄慧一郎 at 03:25 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第577回(通算689回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




「嘘っくさい」という悪臭。

●そういえば――
 ぼくの本棚には、世界や日本の歴史(とりあえずの)資料から、動物、植物の……そして「フンころがし」や「ミミズ」のことまでもベーシックな知識を得る本など、それこそ「雑多」にある。
 もちろん、いっときムキになって書いた(文庫書き下ろし時代小説)などの資料も、「物書き業」の当初にラジオ番組で関わったビートルズをはじめ、ロック、ジャズ、フォークソングなどの(とりあえずの)資料も……。

●そういえば――
「香水」の本などもあって「地球上にはざっと200万以上の匂いや香りがあって……」という記述など、ずっと「関心大」の資料も多い。

●そういえば――
 このところ、というより、あいかわらず政治、社会、スポーツ界などの不祥事、スキャンダルが続発していて「責任者及び当事者」の辞任会見などが多い。
 しかし、たいていの「責任者」は、責任者としての自覚ゼロで、なんとも「手のつけようもない」――もともと「責任者」という資格ゼロ野郎がノーノーと居座っていたわけで、「イザ!」という場合の対応など望むべくもないわけだ。

●そういえば――
 責任者当人が生来の精神性や人格がカンマ以下だったのだから「イザ!」の緊急事態に、その「劣性」が露呈するのはショーネェやな。

●そういえば――
 地球上には200万種以上の香り、匂い(悪臭も!)あるというけど、ワタシとしては「嘘の臭気」がよくわかるがね。
 とりわけ、各種業界や政治というフィールドで喋る者たちが、テレビなどで喋っているシーンでは、「香りや匂いのないテレビ」でも、ソレがわかる。
 その段階では「虚偽の証拠」はないので、黙っているが……やがて「やっぱり!」となるケースが多いぜ。

●そういえば――
 最近やたら「消臭剤」とやらのTVCMがあるが……
 かつて「食うための商売」として生活してきたマスコミ、テレビ、広告業界には「怪しげな臭気」をまとっていたヤツが多かった。
 現在もさして変化はないだろうと思うがね。

●そういえば――
 香水なんかつけなくても……いい匂いのする人、いやいや、いい匂いのするひと(女性ネ)と出会うコトが、人生の大事だね。




***




NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


Amazon、楽天Kobo電子書籍ストア等にて好評発売中。

NONALNUM-B2D6CCC2B5DCC9BDBBE6

assocbtnorangeamazon4

Link




NONALNUM-C0D6A4A4C9F7BCD6C9BDBBE6

Link




その他、余美太伊堂文庫の出版物は、こちらをご覧下さい↓

Link

— posted by 本庄慧一郎 at 02:10 pm  


*** お知らせ ***
自主CDを制作
21.1:130:128:0:0::center:0:1::
平和を願う歌
「鳥になれたらいいね」
総合プロデュース:本庄慧一郎
<< 2018.7 >>
SMTWTFS
123456 7
8910111213 14
151617181920 21
22232425262728
293031    
 
※ ご注意 ※このウェブサイトに掲載されている、すべてのコンテンツの著作権は(有)望田企画室ににあります。
著作権者の許可無く、本サイト内の全てのコンテンツ・著作物について、無断での使用・転載・加工は一切お断りしております。