「社会&芸能・つれづれ愚差」第597回(通算709回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





「虚仮(こけ)の一念」で60年!


●そういえば――
 「虚仮の一念」とは「愚かしい者が、ただ一つのことにひたすらこだわってやりとげようとすること」だそうだ。
 小生の場合――諸般の事情(当ブログには、そのへんのことは書いた)で、とにかく「もの書き業で生活したい」という一念でやってきた。

●そういえば――
 さいわい、民放ラジオ局スタートした頃(昭和30年代)だった。ラジオ番組を手当たり次第に担当した。
 やがてテレビ放送がスタート。民放テレビの試験放送からスタッフとして働いた。

●そういえば――
 やがて「生活のための仕事」とは「仕事の証し」としてのモノがまるで残らないことに……不満がバクハツ!
   その癒し難い疲労感から逃げてウロウロした。

●そういえば――
 劇作、脚本家としてツブよりの作品をモノしている倉本聡さんが、ニッポン放送のディレクターをやめてフリーになった頃に、アニメ番組のホンをテレコで書いたことがあった。

NONALNUM-3539372D3730392DBFB7CAB92D31

(東京新聞2018年11月10日朝刊より)


●そういえば――
 倉本さんの北海道富良野での演劇塾のことなど、やっぱりエライ! 
 (いまもってまじめに立ち向かっている!)
 小生は、結局はテレビなどの「企業体質」にイヤになり逃げた。それと、結局は作ったモノが消耗品であることを嫌って、小説などの本を書きまくった。(著作についてはコチラ Link をご覧下さい)

●そういえば――
 さいわい「電子書籍」の企画、出版という仕事に就いた。
 それは、テレビ、ラジオ等の「全国ネット」よりもスケールのある「世界的ネットワーク」の販売ネットワークである。

●そういえば――
 自称「虚仮」は「もの書き業60年」。コケることなくやってマス!


***


●あたふたメモより。
 テレビタレント 過去・現在・未来 使い捨て
 成り上がり デカイ面して 成り下がり
 ワルはしゃぎ 虚栄虚飾よ ごきげんよう
                    ―― 一露


***



●資料しらべのついでに。
 常盤貴子――4億円の新居だって。フーン!
 松田聖子――9万円のディナーショーだって。ホウー!
 ビートたけし――毎月600万円のお小遣いだったって。ソーカイ!
 ラグジュアリー病院――治療費抜きで1日37万円だって。ハハハ!
※「週刊女性自身」2018年11月27日号より



***






NONALNUM-A5CBA5B3A5E4A5F330303031

イラスト:やっぱっぱだいすけ


ニコヤンの目↓

Scenes of memories
ある街角にあった古物商の風景



597-709-1

597-709-2

NONALNUM-3539372D3730392D33A3E1









【電子書籍 余美太伊堂文庫(よみたいどうぶんこ)のご案内】

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


主な取り扱い電子書籍ストアのご紹介
リンクをクリックすると、
各書店の余美太伊堂文庫のページへとびます。


Amazon/Kindleストア Link

楽天ブックス/楽天Kobo Link

どこでも読書 Link

そのほか、iBooks、honto等にて発売中です。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 12:20 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第596回(通算708回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





もの書き業頭脳(ボケ拒否)トレーニング


【語尾ダジャレ合わせ特集】

●トランプ
 スランプ
 あの世へジャンプ

●肥溜め
 掃き溜め
 政治駄目

●洋梨
 意味なし
 おいでなし

●能なし
 努力なし
 資格なし

●靴ズレ
 天気予報ハズレ
 あの娘アバズレ

●鯛焼き
 志野焼
 やきもち焼

●町工場のモーターがウィーン
 たそがれのウィーン
 馬鹿騒ぎのハロウィーン

●タイヤ脱落
 女房脱落
 人生脱落

●放射能ごみ
 プラスチックごみ
 亭主ごみ

●仮装仮面のハロウィン
 偽装仮面のおしどり夫婦
 正装仮面の新大臣

●はためく洗濯物
 うごめく痴漢
 きらめく星座

●内野ゴロ
 業界ゴロ
 価格お手頃

●いまさら教育勅語
 しっかり定年直後
 かみさんブツクサ帰宅直後

●変えてよかった大臣
 変えてよかった通勤靴
 変えてよかった女房(または亭主)

●ムンク(画家)
 シンク(流し台)
 文句(政治に!)

●朝帰る
 ひっくり返る
 ゆで蛙

●続きは
 またいずれ
 センスずれ
 土砂くずれ





***






NONALNUM-A5CBA5B3A5E4A5F330303031

イラスト:やっぱっぱだいすけ




ニコヤンの目↓

Scenes of memories
隅田川の永代橋・うまや橋・駒形橋



596-708-1

596-708-2

596-708-3









【電子書籍 余美太伊堂文庫(よみたいどうぶんこ)のご案内】

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


主な取り扱い電子書籍ストアのご紹介
リンクをクリックすると、
各書店の余美太伊堂文庫のページへとびます。


Amazon/Kindleストア Link

楽天ブックス/楽天Kobo Link

どこでも読書 Link

そのほか、iBooks、honto等にて発売中です。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 02:15 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第595回(通算707回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





「人生100年時代」といわれているけど。


●そういえば――
 「日本脚本家連盟」の機関紙は月1回の発行である。
 日本放送作家協会と並行してのプロ集団で、映画、演劇、テレビ、ラジオなどの脚本家たちの団体だ。

NONALNUM-3539352D3730372DBAFDBBD2C9BDBBE6

NONALNUM-3539352D3730372DC9BDBBE6



●そういえば――
 何気なく第663号(2018年11月1日)の紙面を見ていたが、「訃報」の欄をしっかり読んだ。

●4人の会友の訃報がのっている。
 石原武龍氏は享年66歳だったが、あとのお三方は50歳前後だった!

●そういえば――
 昭和34(1959)年、日本放送作家協会創立時からのメンバーである小生としては、「50代60代での死」には心が波立つ。

●そういえば――
 「人生80年」というフレーズはいつのまにか「人生100年時代」に変わってきている。
 物故会員の逝去は(たまたまか)皆さん、早過ぎるのでは――と戸惑ったのだ。

●そういえば――
 つねづね、「長寿はいいとしても、認知症その他で周囲の者に世話になるのは……」と気にしてきた。
 さらに、現在、電子書籍の仕事で著作物の具体化と、また新企画の執筆などに専心していることを考えて――。
 物故した僚友の皆さんの死はやはり「早過ぎる!」と思えてならない。
 これは「単なる偶然」なのだろうか?
 現在のラジオ・テレビ芸能を支える作家たちの現況に心とらわれる日々である!






***





NONALNUM-A5CBA5B3A5E4A5F330303031

イラスト:やっぱっぱだいすけ



ニコヤンの目↓


Scenes of memories
新宿/西向天神社


595-707-1

595-707-2

595-707-3

595-707-4









【電子書籍 余美太伊堂文庫(よみたいどうぶんこ)のご案内】

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


主な取り扱い電子書籍ストアのご紹介
リンクをクリックすると、
各書店の余美太伊堂文庫のページへとびます。


Amazon/Kindleストア Link

楽天ブックス/楽天Kobo Link

どこでも読書 Link

そのほか、iBooks、honto等にて発売中です。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 04:25 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第594回(通算706回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





俳優穂積隆信さん、田中信夫さんを悼む。


NONALNUM-A4B7A4F3A4D6A4F36E6E6E

(朝日新聞2018年10月21日朝刊より)


●穂積隆信さんとの出会い。
 戦後、ラジオ局といえば、NHKの第1放送・第2放送しかなかった。いや、外国語(英語)のFENがあった。
 1945(昭和20)年――大東亜戦争といわれた「国の暴走」は米軍の空襲激化で日本国全体が右往左往していた。

 昭和20年4月13日の空襲で北区滝野川の自宅は全焼し、父親(母親は前年に病死)と弟とボクは、必死に激しい爆撃を逃れて――なんとか生き延びた。
 「特攻隊志願」しか頭になかった軍国少年は同8月15日の「敗戦」で覚醒した。
 亡母の兄弟たちが、B級といわれた「大都」という映画会社に監督、脚本家、カメラマン、監督助手としていて……その影響大で「もの書き業」でと熱望した。


NONALNUM-C2E7C5D4CBDCC9BDBBE6

本庄慧一郎著 集英社新書 2009年1月刊
詳しくはコチラ Link をご覧ください。


 その後、ひたすら(それなりの)勉強、修練に努めて……とにかく戦後の「民間放送時代」を迎えた。

 1959(昭和34)年、日本放送作家教会が発足。
 「キャリア――作品、執筆経験のある者」という資格審査をクリアして「会員」になった。

 筆名本庄一郎とした。(本庄は現埼玉県本庄市――望田家の先祖は本庄市旧中山道沿いで手広く「マユの仲買商」を営んでいた)父親をよろこばせる筆名であった。


NONALNUM-A4B7A4F3A4D6A4F3

本庄一郎として初めて台本を担当した番組に関する穂積隆信さんの記事
(昭和34年5月18日の産經新聞より)


 穂積さんとのラジオ番組は、思い出ぶかいものだ。ニッポン放送の番組『マスコット坊や』。そして奥さんの女優北里深雪さんとも、TBSラジオの番組『お早う参ちゃんですよ』の企画、台本を書いて好評を得た。

 民放のテレビ放送スタート時(1953年)は、NHK放送劇団の人たち以外に、いわゆるタレントと称する者はなく、放送作家本庄一郎としては、もっぱら新劇系の俳優を起用した。

 演劇の基礎を身につけている人たちにせっせと声をかけた。
 彼らも(生活費稼ぎに懸命で)マジメに責任を全うしてくれた。

 民放ラジオ時代の「ラジオ」は、まじめで質も高かった。
 「フリートーク」とやらが当然になって、やがてボクはそれまでの生活を支えてくれたラジオを捨てた。

 その後、フジテレビ開局時の試験放送から脚本を書いたが、そのテレビの制作現場からもイヤ気がさして離脱した。

 あの頃、おつきあいしていた俳優たちになじみが多い。
 小沢昭一さんも逝ったし、テレビ、ラジオ、CM専業時代(1965年〜1990年頃)にご一緒した田中信夫さんなども、忘れ難い人だった。

 「人生100年時代」とか――現在、著作物の新旧作品の電子書籍化に全力で取り組んでいる。

 「もの書き業」の出発時にご一緒した人たちの訃報には、とりわけ心が痛む。合掌。




***



NONALNUM-A5CBA5B3A5E4A5F330303031

イラスト:やっぱっぱだいすけ



ニコヤンの目↓

Scenes of memories
街角の記憶(神田駅周辺)



594-706-1

594-706-3

594-706-2











【電子書籍 余美太伊堂文庫(よみたいどうぶんこ)のご案内】

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


主な取り扱い電子書籍ストアのご紹介
リンクをクリックすると、
各書店の余美太伊堂文庫のページへとびます。


Amazon/Kindleストア Link

楽天ブックス/楽天Kobo Link

どこでも読書 Link

そのほか、iBooks、honto等にて発売中です。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 01:06 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第593回(通算705回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





ザバの生き腐れ/人間の生き腐れ。


●そういえば――
「アシが早い」というコトバがある。短距離の選手のことではない。
「腐りやすい食物のこと」をいう。

●そういえば――
「サバの生き腐れ」という。これは「まだ新鮮に見えるサバは、見た目と異なり、中身はさっさと腐ったりする」ということだ――つまり「アシが早い」シロモノということだね。

●そういえば――
 政治に関わる者たちの「人間劣化」(権力乱用、公金私物化、常軌逸脱などなど)もう、手に負えない。にもかかわらず、国民――選挙民たちの思慮、感性の鈍化で改革、阻止できないいらだたしさよ。

●そういえば――
 大手企業と称される集合体も、もともとは営利目的の人間集団。自動車メーカーをはじめ製鉄製鋼メーカーなどの品質検査基準をズラしたりしての不正行為が続々と摘発され露見している。
 今回の「免震・制振システム」の大手企業KYBなど、重要な業種の不正行為は枚挙にいとまがない。

●そういえば――
 人間にも「サバの生き腐れ」同様の現象は多発する。そういった体質の人間が蝟集する企業体は当然腐蝕することになる。
 いや、その種の人間が政治や公共機関にも侵犯しているのだ。
 テレビ芸能業界などの「成り上がり者集団」にも同系同質の人間が多い。
 「サバの生き腐れ。人間の生き腐れ! ああ!」

●そういえば――
 「人生100年時代」というが、人間としてのまっとうな基本的資質を欠いた(すでにその根幹が立ち枯れている)者が、横行しているこの時代――ガマンならない! と思いませんか?



***






NONALNUM-A5CBA5B3A5E4A5F330303031

イラスト:やっぱっぱだいすけ




ニコヤンの目↓

Scenes of memories
あの日の愛宕神社と山王神社



593-705-1

593-705-2

593-705-3

593-705-5

593-705-4









【電子書籍 余美太伊堂文庫(よみたいどうぶんこ)のご案内】

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


主な取り扱い電子書籍ストアのご紹介
リンクをクリックすると、
各書店の余美太伊堂文庫のページへとびます。


Amazon/Kindleストア Link

楽天ブックス/楽天Kobo Link

どこでも読書 Link

そのほか、iBooks、honto等にて発売中です。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 12:17 pm  


*** お知らせ ***
自主CDを制作
21.1:130:128:0:0::center:0:1::
平和を願う歌
「鳥になれたらいいね」
総合プロデュース:本庄慧一郎
<< 2018.11 >>
SMTWTFS
    12 3
456789 10
111213141516 17
18192021222324
252627282930 
 
※ ご注意 ※このウェブサイトに掲載されている、すべてのコンテンツの著作権は(有)望田企画室ににあります。
著作権者の許可無く、本サイト内の全てのコンテンツ・著作物について、無断での使用・転載・加工は一切お断りしております。