「社会&芸能・つれづれ愚差」第555回(通算667回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




品位・品性・品格 VS 下品・下等・下劣


●それにしても――
 近頃の日本人の品位・品性・品格というものは――テレビのエンターテインメント番組が茶の間にのさばるようになってからガタガタと下落した。
 とりわけ、愚にもつかないクイズ番組やアサハカなバラエティと称する番組がのさばるようになって、その質は荒れ放題だ。




NONALNUM-3535352D3636372D2DBFB7CAB9

(東京新聞2017年12月25日夕刊より)


●それにしても――
 アメリカの映画業界に端を発した女優たちへのプロデューサーなどのセクハラ行為が次々バクロされて……その実態はひどすぎる!

●それにしても――
 日本のテレビ芸能界も……ハシにも棒にもかからないような男たちが横行してたのを知ってるゼ。つまり、「色とカネと」図々しくのさばっていたヤツ……なんてウヨウヨしていた。つまり、キタナイ業界だったのダ!

ちょっと古いデータが面白い



NONALNUM-3535352D3636372D2DBBA8BBEFA3B1

(『芸能界「一発屋外伝」』宝泉薫著 1999年 彩流社刊より)




NONALNUM-3535352D3636372D2DBBA8BBEF32

(『歌謡界「一発屋伝説」』宝泉薫著 1998年 彩流社刊より)





●それにしても――
 テレビ芸能界なんて、「なりふり構わずの一発屋」がゾロゾロいてね。
 とりわけ、お笑い芸人やバカ騒ぎ能ナシタレント連中は恥を知らない。
 いや、図々しいだけの新人芸人だけではない。
 色事がらみで取り沙汰されている六代 桂 文枝など、それこそ「カエルのツラに小便」みたいで、恥を知らないね。

●それにしても――
 近頃の日本で、品位・品性・品格を有しているのは、皇居内においでになる方々とその縁につながる方々だけだね。
 特に、テレビエンターテインメントで成り上がった人はそっくり、ウサン臭い!
 情けないテレビエンターテインメント業界よ!





NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
盛り場の裏道の店

555-667-1

555-667-3

555-667-4

555-667-2

— posted by 本庄慧一郎 at 11:42 am  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第554回(通算666回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




新しい年2018年 どうぞよろしく。


●それにしても――
 正直、手放しでおめでとう!と浮かれていられない昨今ですね。
 もうひとつ、年末のテレビ番組「紅白歌合戦」とやらをチラと覗いたけれど、あのバカ騒ぎ、ワルのりの番組作りは異状だね。
 あんなにゴテゴテと飾り立て騒ぎ立てて……何が面白いんだろ。

●それにしても――
 昨年末、大手製造業の不正事件がきわ立って目立った。
 「物づくり日本」のスローガンが色あせたね。
 日産自動車の「無資格者に完成車のチェックをさせていた」ケースから始まって、スバルでも同様のケースが暴露された。
 さらに、神戸製鋼や三菱マテリアルなどなど……不祥事続発だ!


NONALNUM-3535342D363636BFB7CAB9A3B1

(朝日新聞2017年12月25日朝刊より)


●それにしても――
 企業は人がつくる――つまり、人間の劣化だ。
 「ものづくり日本」というフレーズはもう根腐れを起こしている。



NONALNUM-3535342D363636BFB7CAB932

(東京新聞2018年1月1日朝刊より)


●それにしても――
 元旦の新聞の見出しには「福島除染手抜!」
 「福島の除染作業に不正横行」とはただ情けない!

 さらに、都道府県のチェック機関では「議員の委員義務で監視態勢形骸化している」と。




NONALNUM-3535342D363636BFB7CAB933

(東京新聞2018年1月4日朝刊より)



●それにしても――
 国の借金が2017年9月末時点で、1080兆4405億円とか。それでなくても、国防費の増額などアベ政権の暴走は目に余る。
 それもこれも、国民の、選挙民の、政治に対する意識がやはり問題だ。

●それにしても――
 正月のケーブルテレビで「タイタニック」を観た。(再見)
 豪華客船も沈没する。「……つまりは、鋼鉄製の客船は……沈没する」というセリフがあった。
 「自浄能力」を欠落させた国政も……「タイタニック」同様なのだと自覚することだ!

●それにしても――
 企業も家庭も……そして政治も人間の質がすべてだね。


***


 企業の根ぐされは人間の根ぐされだ。

                   ――本庄慧一郎









NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
事件発生以前の富岡八幡宮



554-666-1

554-666-2

554-666-3

— posted by 本庄慧一郎 at 02:40 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第553回(通算665回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2



2017年(平成29年)さようなら!


●それにしても――
 ずっと以前から、年末年始の「カラ騒ぎ」がキライでした。
 ラジオ・テレビ、芸能マスコミに関する仕事をして生活していたから、「好き嫌い」を言う資格はないけど。
 だからこそ、あえて「同化すること」を拒否したのダ。

●それにしても――
 当ホームペ^ジの「エッセイ」のスタートは2002年1月1日である。
 『エッセイ』から始まり、『エッセイ/ニッポンの芸能人シリーズ』、そして、現在の『本庄慧一郎/週替りエッセイ/社会&芸能・つれづれ愚差』となる。つまり、1年52週で「週1」のペースで15年ほどアレコレ書いてきた。(といっても、娘やワイフの協力あってのことだけど)

●それにしても――
 物書き業を志して、結局は、ラジオテレビの放送作家、TVCMの制作、企画、コピー、作詞など、そして、時代小説(文庫)、評論集など数十冊余と、さらに舞台脚本アレコレと……。よく書いたもンだ!

●それにしても――
 「過労死」でジ・エンドになる人が多い。
 ボクは、そういう状況にも、なんとかピンチをかわして生き延びてきたネ。
 1960年代――放送作家を嫌って広告制作に(本気で)参入。広告代理店(中堅)に入社。会社員もおもしろかったネ。
 社長から将来を嘱望されたりして。居心地は良好だった。
 フリーになってから、あの「電通」でもずいぶん仕事した。

●それにしても――
 同時代(戦後の民放ラジオ・テレビ発展時代)を生きた同輩たち(数年の年齢差はあったものの)とグループ集団として駆けた。
 そのお仲間の永 六輔氏、阿久 悠氏、前田武彦氏、青島幸男氏、大橋巨泉氏……などの皆さんは逝ったなぁ。

●それにしても――
 こちとら……まだ、居心地のいい書斎に居座って「物書き業」にこだわっている。
 近頃は「電子書籍」のスタッフと組んでの新しい仕事でね。
 書き溜めた新作あれこれと、既刊本いろいろを電子書籍化するよ。

●それにしても――
 現今の政治社会のフィールドには、キナ臭い奴らがウヨウヨしていてさ。のべつハラを立てるぞ。
 ハラを立てるのもエネルギー旺盛なショーコだ! という昨今といえるよね!

●芥川龍之介のことば――
「人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である」
 俳号「我鬼」。35歳で自殺した。

●お互いさま――
 心して、いい人生を創るよう――人間としてフェイクにならないよう努めましょう!

●蛇足ながら――

 本庄慧一郎は「小心欲抑」(希望や欲望は確かにコントロールして、邪悪な欲は捨てる)で生きていきます!





NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
板橋区/赤塚山乗蓮寺・東京大仏



553-665-1

553-665-2

553-665-3

— posted by 本庄慧一郎 at 02:11 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第552回(通算664回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




破廉恥・厚顔無恥・鉄面皮のオンパレード!


●それにしても――
 離婚記者会見を得意になって演ずる女性(松居一代氏)のなんとも珍妙なコト。人間としての基盤に狂いがある――ねぇ。

●それにしても――
 正月を目前にして――「神聖」とはほど遠い富岡八幡宮の宮司一族の権力争いに原因する殺人事件。
 これまた醜悪だなぁ。

●それにしても――
 「国技」と称されてきた相撲界の内紛――複数の「横綱」が絡んでの「酒席での暴行事件」はどうしようもないハレンチ事件でもある。
 そんな「外国人」に依存しなければならない「国技」は衰退しても止むを得ないだろう。(日本の伝統も劣化している――富岡八幡宮問題と同質のモノだ!)

●それにしても――
 つまり、「人間の質の劣化」ということだ。
 白鵬の横綱としての品性の欠如――それが象徴しているね。

●それにしても――
 新幹線のぞみの台車の亀裂――重大事故発生の危険大!という「事件」もヒドイ話だねぇ!(JR西日本)

●それにしても――
 リニア中央新幹線の建設工事の入札をめぐる「裏談合」の発覚――これも「またか!」とうんざりした。(JR東海)

●それにしても――
 大手ゼネコンに限らず、一般業種の体質は改善されることはないようだ。
 一旦、やましいコトがバレると、代表者は神妙なツラして頭を下げるが、その企業の欺瞞性は改善されることはない――ね。

●それにしても――
 「大手」といわれる企業のスキャンダル、品質チェック機構の手抜・偽装などは、続発しているぜ。

●それにしても――
 何とかもみ消そうとしているアベ首相夫婦が絡む森友学園問題も、余燼くすぶるままだ。
 拘留されたままの籠池夫妻が釈放されて――言いたいコト言ったら、また面白くなるぞ。

●それにしても――
 ミエミエの嘘っぱちととんでもない無責任ばっかりの昨今――ハラが立たない者こそビョーキだと思うのでアリマス。










NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
北風や寒気にもめげない女体像たち



552-664-1

552-664-2

552-664-3

552-664-4

— posted by 本庄慧一郎 at 03:08 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第551回(通算663回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





へくそかずら&屁ひり虫


●悪臭・腐臭・死臭。
 「生きもの」にはそれぞれに固有の「におい」がある。猫には猫の、犬には犬の、魚には魚の「におい」がある。
 人間も――当然、それぞれの体臭をもっている。
 愛猫や愛犬の「匂い」を嫌う人はいないだろう。もちろん、心から愛する女性(または男性)のからだの匂いを嫌う人はいないだろう。

●「へくそかずら」と名付けられた植物がある。

NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DB2D6

(『山野草 ポケット図鑑』 著:菱山忠三郎 昭和62年 主婦の友社刊より)

 花は可憐だが、指先でもみしだくと悪臭を放つ。
 昆虫にも「屁ひり虫」とよぶ嫌われ虫がいる。この虫、危急の場合に「悪臭」を放つ。


●人間も「心根を腐らせている者」は、悪臭を放つようだ。
 「もの書き業」を半世紀以上やってきて、マスコミ業界――ラジオ・テレビ、そして芸能界などには「鼻持ちならない者」(臭気が堪えられないほど甚だしい。転じて言動が嫌みで見聞きするに堪えない/広辞苑)がウヨウヨしていた。

●それでなくても、政治界には「公僕の仮面」をかぶったヤカラがウヨウヨしている。とりわけ公金――政務調査費などや議員としての歳費を、私物化するセコイのが後を絶たない。

NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DBFB7CAB9A3B1

(東京新聞2017年12月1日朝刊より)

NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DBFB7CAB932

(朝日新聞2017年11月27日朝刊より)



●それにしても、その内訳の「さもしく卑しいこと」といったら、とりわけ「グルメぶり」が際立つのが麻生副総理の資金管理団体の――だそうだ。高級すしやフグ料理店などの店めぐりが1日200万円とか。
 東京赤坂などのホステスがはべるクラブなどでは、数十万円もの金額を支払っている――とか。
 浅ましいとしか言えないぜ。

●最近の社会では、9人の死体を――なんて凄まじくも残酷な事件や、かと思えば富岡八幡宮の凄まじい事件など、いくつもの殺人事件が続発している。
 その一方で「公金」にたかるうす汚いハイエナのようなヤカラが跳梁している。

●「人間としての心根」を腐らしたヤツは、必ず「悪臭」をまとっている。その「悪臭」は市販の「消臭剤」などでは消去できない。
 このワタシにはその悪臭が「死臭」と同様に耐えられないが!

***


●「好もしい女性の良い匂い」が感じられるイラストをどうぞ。


「氷河特急」心まかせのエスプレッソ

NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DA5A4A5E9A5B9A5C8



 人生は汽車に似ているね、淋しくなると汽笛をならす……といったのは寺山修司だった。
 フランスからスイスへのゴッダルド峠を越える列車に揺られていると、さまざまな風景に出会う。
 明るい陽ざし。重い空。やがて、雨、そして、雪と、自然がくり展げる二つとないパノラマの変化が、そのまま自分の人生の風景に思えてくる。
 そんなとき、熱いエスプレッソが心を暖めてくれる。
コピー:みさきけい/イラスト:野田ともじ





***





NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
歳末の街の記憶/渋谷・新宿・高田馬場



NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DBCCCBFBF31

NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DBCCCBFBF32

NONALNUM-3535312D3636332D2D2D2DBCCCBFBF33

— posted by 本庄慧一郎 at 12:18 pm  


*** お知らせ ***
自主CDを制作
21.1:130:128:0:0::center:0:1::
平和を願う歌
「鳥になれたらいいね」
総合プロデュース:本庄慧一郎
<< 2018.1 >>
SMTWTFS
 1234 56
789101112 13
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
※ ご注意 ※このウェブサイトに掲載されている、すべてのコンテンツの著作権は(有)望田企画室ににあります。
著作権者の許可無く、本サイト内の全てのコンテンツ・著作物について、無断での使用・転載・加工は一切お断りしております。