「社会&芸能・つれづれ愚差」第573回(通算685回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





もの書き・恥かき・汗っかき



●そういえば――
 表題のフレーズの3つの単語の一番目はワタシの職業です。後の二つは語呂合わせのための単語で現実のワタシとは「関係ない」。

●そういえば――
 従来の仕事のフィールド(芸能テレビマスコミ業界)では、「変人」といわれるほどに「麻雀・ギャンブル・ゴルフ」など一切やらなかった。つまり「キリがないから」を理由にきっぱり拒否したのデス。

●そういえば――
 注文された仕事はせっせとやったものです。
 それでも、ヒマができると書斎の机に向かって、「何か」をせっせと書いていた。
 つまり書くことが好きなのだ。

●そういえば――
 前回にも書いたが、書き下ろし文庫時代小説をはじめ既刊本は計数十冊になるか。
 放送ライターから出発してラジオ・テレビの台本やCM制作にどっぷりだったが、「キチンとした形で残るもの」と「著作物」に転換した。

●そういえば――
 それに書きためていた未発表作品(時代物・現代物の小説類)数十編が、あらためて「電子書籍化」され、再刊の「東京ろまんちっ句」がその第一号として発売された。(とってもウレシイ! 続々刊行される)

●そういえば――
 書きためていた作品に舞台脚本の現代物、時代物もある。

573-865-1



573-685-2




●そういえば――
 つまり、ボクは「ビンボー症のワーカーホリック」なのですねぇ。ハハハ。(自嘲のワライ)。








NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

わが庭の初夏の仲間たち


NONALNUM-3537332D3638352D2DA4C6A4F3A4C8A4A6A4E0A4B7

NONALNUM-3537332D3638352D2DA5ABA5CAA5D8A5D3

NONALNUM-3537332D3638352DA4C1A4E7A4A6






***




余美太伊堂文庫 電子書籍のご案内




NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4

NONALNUM-C5ECB5FEA4EDA4DEA4F3A4C1A4C3B6E7CDBEC8FEC2C0B0CBC6B2

詳しくはこちらをご覧ください↓

assocbtnorangeamazon4

Link


— posted by 本庄慧一郎 at 04:00 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第572回(通算684回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




人生はすべて合縁奇(機)縁だなあ。


●それにしても――
 男と女の出会いも、恋愛も、もちろん結婚も……さらに仕事がらみの(かく申すボクの場合はフリーの物書き業)出会いも「運」がからむ。
 昨年(2017年)11月、豊島区巣鴨の旧大都映画撮影所跡地での「大都映画を語る会」(豊島区協賛)に招かれた。
 そのイベントで主催スタッフと知り合った。気ごころのいい人たちだった。

●それにしても――
 ボクの「物書き業」の原点は「大都映画」(昭和17年に時の政府の戦時企業統合令によって日活、新興、大都の3社合併で「大映」になる)と「ムーランルージュ新宿座」とアピールしてきた。

●それにしても――
 この主催スタッフが「電子書籍」をはじめネットワークを利用した情報コンテンツの企画、制作等を運営していることを知り、以後、ボクの著作物を「電子書籍化」する作業をしてきて、この5月11日に、その第1作目が発売された!

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4

NONALNUM-C5ECB5FEA4EDA4DEA4F3A4C1A4C3B6E7CDBEC8FEC2C0B0CBC6B2

詳しくはこちらをご覧ください↓

assocbtnorangeamazon4

Link


●それにしても――
 この『東京ろまんちっ句』を第1号として続々刊行します。

 時代物/長編、中編、短編。
 時代物/えろちっくホラーなど。
 現代物/長編、中編、短編、掌編。
 レディ向け/575「俳風1行詩」とイラスト。
 その他「余美太伊堂文庫」として魅力あるメニューを揃えます。
 都合、計数十冊が電子書籍化される予定です。

●それにしても――
 「いい仕事人たち」と知己を得て、ヤル気まんまんで2018年の夏を迎えます。
 どうぞこの「余美太伊堂文庫」をごひいきに!
 干支8周目に入っての電子書籍で、とりわけシャンとしている昨今です。よろしくどうぞ。



NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
5月の川辺の記憶

571-683-1

571-683-2

571-683-3

— posted by 本庄慧一郎 at 12:23 pm  

電子書籍出版のお知らせ



電子書籍出版のおしらせ


この度、余美太伊堂文庫から、
電子書籍『東京ろまんちっ句』が発売されました。


NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4

NONALNUM-C5ECB5FEA4EDA4DEA4F3A4C1A4C3B6E7

 

本書は、雑誌『東京人』に1987年から足かけ5年間にわたり、
「とうきょうヒッチはい句」と題して掲載したコラムをまとめたものです。
 著者望田市郎が撮影した、昭和の懐かしい街や風景写真も、
 電子書籍ならではの画像でじっくりご覧いただけます。


詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

Link

— posted by 望田企画室 at 04:51 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第571回(通算683回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




屁理屈・小理屈・頓珍漢


●思えば――
 ラジオ・テレビの番組。そしてTVCMの企画と制作にとことん入れ込んでムキになって働いたが。
 このクリエイティブ作業では、広告主や広告代理店の担当者たちとの打ち合わせで「手に負えないような屁理屈や小理屈に、さんざんてこずった」のを忘れないね。

●思えば――
 その点では、小説や舞台脚本などの創作では「無意味な夾雑物」は無いから気持ち良くやれた。救われた。
 とにかく「屁理屈・小理屈」を排除したらガラしか残らないような奴と付き合っていると、こっちがヘンになるからね。




NONALNUM-3537312D3638332DBFB7CAB931

(東京新聞2018年5月5日朝刊より)


NONALNUM-3537312D3638332DBFB7CAB932

(朝日新聞2018年5月5日朝刊より)




●そういえば――
 アノ麻生というご仁、財務大臣、副総理だというけれど、のべつ頓珍漢な発言で「注目を集めて」いるね。
 「平易な日本語」を組み立てての文章作り一筋のこちとら、このヒトの思考力、日本人としての、公人としての感覚と、その能力にのべつイライラしてきた。

●そういえば――
 折しも、ゲーノー・タレントの山口メンバーとやらのセクハラ問題がひたすら姦しいが、早々に辞任した元財務省事務次官の福田淳一という男も、恥じ知らすで哀れだ。奥さんをはじめ家族たちの困惑を察するなあ。




NONALNUM-3537312D3638332DBFB7CAB933

(東京新聞2018年5月8日朝刊より)



NONALNUM-3537312D3638332DBFB7CAB934

(東京新聞2018年5月9日朝刊より)



●そういえば――
「立てば暴言、座れば放言、歩きながらもまた妄言」(「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」のモジリだ)
 コレ何度も書いたけど……あのヒト、(アソーさん)大丈夫? じゃないなあ。

●そういえば――
 わが家の(ネズミの額ほどの)庭の木も枯れることあるけど、「根ぐされした人間」は、美しい花も咲かない。おいしい実もならない。生きながらにして害をまき散らす! 
 生まれ変わって(マトモになって)出直してクダサイ!





NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

Scenes of memories
墓参をかねたひとり歩きが好きだ



571-683-1

師・三好十郎の墓


571-683-2

林芙美子の墓


571-683-3

樋口一葉の墓

— posted by 本庄慧一郎 at 12:38 pm  

「社会&芸能・つれづれ愚差」第570回(通算682回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2




やたら触りたがる、いじりたがるヤツがいる。

●それにしても――
 いつの時代も「余計なことをする者がいる」のです。
 居ながらにしてセクハラ。その者本体がパワハラ(のような)人間が。
 「世界に誇る日本の平和憲法」をやたらいじりたがる者たちも――。

●それにしても――
 テレビ芸能・マスコミ業界どっぷりで働いてきたけど――これが「人間の見本市」のようなフィールドでね。
 その人間の存在がパワハラだったり、セクハラのようなヤツがウヨウヨしてたね。

●それにしても――
 そんな特殊人種は、自分が周囲からどう見られているか――なんてことはチラとも考えない鈍感人種でね。
 また、そんなヤツがなぜか、テレビ局や大手広告代理店などで「おエライさん」としてのさばったりしていたね。

●それにしても――
 でも、このボクには例外なく妙に親しげに接近してきたりしてヘキエキしたものだ。それにしても「居ながらにしてセクハラ」とか「口にすることそっくりがイヤミ」とか「あの眼がすでにイヤラシイ」とかレディにボロクソの男がいた。
 でも(マスコミ業界の)そのフィールドには、そんなセクハラ男を利用するという大胆不適なレディもいて……そのゲームが面白かった。

●それにしても――
 このボクは、なにしろTVCM制作なんていう現場どっぷりだったから、あの美人女優の真野響子さん(スコッチウィスキー・カティサークのCMなど)をはじめ、大勢のレディたちと仕事をしたけど……嫌われることはなかった。というよりモテた。ホントだ(!)

●それにしても――
 生まれつき上等な品性や品位の持ち合わせのない者(かく申すワタシも!)ほど(この業界ではとくに)卑しくイヤらしくなる傾向が強いぜ。

●それにしても――
 「居ながらにしてセクハラ男」も、手に負えない。
 「生まれながらのウソ八百男」も、公私ともども
 どうにもならない悲劇だねぇ! 哀れだなァ。

●それにしても――
 現今の政治世界には、人間的にうすっぺらでセコイのが多い。
 そんなヤカラがのさばるのも、結局は選挙民の質が――ということだ。
 なんとかしてくれよ! ねぇ、一生のお願いダ!



2018年5月3日 憲法記念日にしるす。


春を送るウィスパー

指のさきまで ほろほろと
今宵も ほどよく酔いました

北斗七星 ふるさとの
匂いがするよな 夜がふける

舟をほしがる イカルスは
海をわたって だれと会う

笑いそこねた オリオンに
愉快なジョークを わけてやろう

男のこころは アルタイル
鳥のこころで 風をよぶ

まばたけシリウス あの人は
いずこの窓辺に まどろむか
(感性をみがく創作ノートから)
          







NONALNUM-313030A5B1A5A4A4C1A4E3A4F3A5B5A5A4A5F3C6FEA4EA

ケイちゃんの目 ↓

わが家の愛しき花たち

570-682-1

570-682-4

570-682-2

570-682-3





***




みさき けい作品朗読動画のご紹介




 二期会会員のソプラノ歌手木山みづほさんは、「語りの研修」に約20年、本庄慧一郎のアトリエに通っています。
 今回、みさき けいの短編小説シリーズを朗読動画をYoutubeに公開しました。
 ぜひ、お聴き下さって、応援してやってください。

   ※今後、この作品も含め、みさき けい短編小説シリーズは電子書籍として、順次、刊行される予定です。
   制作:AHWIN Co.td./余美太伊堂文庫/みさきけい作品集

— posted by 本庄慧一郎 at 12:12 pm  


*** お知らせ ***
自主CDを制作
21.1:130:128:0:0::center:0:1::
平和を願う歌
「鳥になれたらいいね」
総合プロデュース:本庄慧一郎
<< 2018.5 >>
SMTWTFS
  1234 5
67891011 12
1314151617 18 19
202122232425 26
2728293031  
 
※ ご注意 ※このウェブサイトに掲載されている、すべてのコンテンツの著作権は(有)望田企画室ににあります。
著作権者の許可無く、本サイト内の全てのコンテンツ・著作物について、無断での使用・転載・加工は一切お断りしております。