「社会&芸能・つれづれ愚差」第595回(通算707回)


あらめておのれの履歴をふり返ってみると、半世紀あまり一貫して日本語を素材にした仕事(ラジオ・テレビ・構成台本/舞台脚本/TVCMプロデユース・企画・COPY/時代小説・現代小説/五七五・評論集・エッセイ等)をしてきた。
現在の書斎は、古書店の倉庫のようで「創作の遊園地」になっている。
●執筆スタッフ 本庄慧一郎(望田市郎)/みさき けい/深実一露


NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B1

NONALNUM-3534362D363538BDF1BAD8A3B2





「人生100年時代」といわれているけど。


●そういえば――
 「日本脚本家連盟」の機関紙は月1回の発行である。
 日本放送作家協会と並行してのプロ集団で、映画、演劇、テレビ、ラジオなどの脚本家たちの団体だ。

NONALNUM-3539352D3730372DBAFDBBD2C9BDBBE6

NONALNUM-3539352D3730372DC9BDBBE6



●そういえば――
 何気なく第663号(2018年11月1日)の紙面を見ていたが、「訃報」の欄をしっかり読んだ。

●4人の会友の訃報がのっている。
 石原武龍氏は享年66歳だったが、あとのお三方は50歳前後だった!

●そういえば――
 昭和34(1959)年、日本放送作家協会創立時からのメンバーである小生としては、「50代60代での死」には心が波立つ。

●そういえば――
 「人生80年」というフレーズはいつのまにか「人生100年時代」に変わってきている。
 物故会員の逝去は(たまたまか)皆さん、早過ぎるのでは――と戸惑ったのだ。

●そういえば――
 つねづね、「長寿はいいとしても、認知症その他で周囲の者に世話になるのは……」と気にしてきた。
 さらに、現在、電子書籍の仕事で著作物の具体化と、また新企画の執筆などに専心していることを考えて――。
 物故した僚友の皆さんの死はやはり「早過ぎる!」と思えてならない。
 これは「単なる偶然」なのだろうか?
 現在のラジオ・テレビ芸能を支える作家たちの現況に心とらわれる日々である!






***





NONALNUM-A5CBA5B3A5E4A5F330303031

イラスト:やっぱっぱだいすけ



ニコヤンの目↓


Scenes of memories
新宿/西向天神社


595-707-1

595-707-2

595-707-3

595-707-4









【電子書籍 余美太伊堂文庫(よみたいどうぶんこ)のご案内】

NONALNUM-CDBEC8FEC2C0B0CBCAB8B8CBA5EDA5B4


主な取り扱い電子書籍ストアのご紹介
リンクをクリックすると、
各書店の余美太伊堂文庫のページへとびます。


Amazon/Kindleストア Link

楽天ブックス/楽天Kobo Link

どこでも読書 Link

そのほか、iBooks、honto等にて発売中です。
新刊 続々発売予定。

— posted by 本庄慧一郎 at 04:25 pm  

この記事に対するコメントは締め切られています


*** お知らせ ***
自主CDを制作
21.1:130:128:0:0::center:0:1::
平和を願う歌
「鳥になれたらいいね」
総合プロデュース:本庄慧一郎
<< 2018.11 >>
SMTWTFS
    12 3
456789 10
111213141516 17
18192021222324
252627282930 
 
※ ご注意 ※このウェブサイトに掲載されている、すべてのコンテンツの著作権は(有)望田企画室ににあります。
著作権者の許可無く、本サイト内の全てのコンテンツ・著作物について、無断での使用・転載・加工は一切お断りしております。